節約・ライフプラン

節約・ライフプラン

節約術300事例 電気編

便座の保温スイッチ

温水洗浄便座の電力消費量としては、便座保温が一番大きく、次いで温水加熱・保温、乾燥の順。この便座保温の時間をできるだけ短くするのが節約のポイント。そこで、外出時には便座保温をオフにすれば、年間に約1,750円の節約に。(1日5円、月146円、年1,750円)

Copyright(C) NTT IF Corporation